医療機関 VIO脱毛

VIO脱毛は医療脱毛が人気

 

 

今、VIO脱毛を受けるなら「医療脱毛」という、風潮となっています。

 

医療脱毛は名前の通り、医療機関で受けられる脱毛法の事です。

 

レーザー脱毛

 

医療針脱毛

 

この2つの脱毛法が基本です。
なぜ、医療機関でVIO脱毛が人気なのかというと、レーザー脱毛・医療針脱毛ともに、永久脱毛の効果を持っているからです。

 

 

レーザー脱毛 医療針脱毛

黒い色にのみ反応する、特殊なレーザーを使った脱毛法です。
肌にレーザーを照射すると、レーザーは毛根に吸収され、熱が発生します。
すると、毛根部分の組織が熱で壊れて無駄毛が脱毛される仕組みです。

特殊に加工された医療針を毛穴に差し込み、そこへ電流を流し熱を毛根に加える事で、無駄毛を脱毛します。
どちらも、毛根に熱のダメージを与える事で、無駄毛を脱毛しているのです。
1度壊れてしまった、毛根の組織は2度と再生しないと言われています。

 

ですので、レーザー脱毛と医療針脱毛は、永久脱毛の効果を持つ脱毛法なのです。

 

Vライン・Iライン・Oラインの無駄毛は女性にとって、気になる存在です。
ですが、カミソリなどで自己処理する事が難しい為、そのままにしいるケースも少なくありません。
また、カミソリで自己処理したとしても、すぐに無駄毛は生えてきえしまうので、頻繁に自己処理を繰り返す必要があります。
医療機関の脱毛は自己処理をしなくても、無駄毛が生えなくなる永久脱毛の効果があるので、自己処理が難しい部分の脱毛にピッタリと言えるでしょう。

 

麻酔が使えるという点も理由の1つ

Vライン・Iライン・Oラインは、他パーツよりも脱毛時に強い痛みを感じると言われています。
通常、レーザー脱毛の場合、輪ゴムでパチンと弾かれた程度の痛みであるケースがほとんどです。
ですが、Vライン・Iライン・Oラインになると、熱せられた針が刺さっているような痛みに感じるという女性がいる程、強い刺激を感じます。
医療針脱毛に至っては、毛穴の中に針を差し込む脱毛法ですので、レーザーよりも痛みは強いようです。

 

少しでも快適にVIO脱毛を受けてもらえるよう、クリニックによっては塗る麻酔薬や笑気ガスなどを用いて、脱毛時の痛みを軽減するケアを行っています。
麻酔が使えるという点は、医療機関ならではの強みと言えるでしょう。

 

この他に、医師や看護師が施術を行う為、安全性に優れており万が一、トラブルが起こったとしても、すぐに対処してもらえる点も、医療機関でのVIO脱毛の利点です。

VIO脱毛は医療レーザーでキマリ!

エステサロンで行う光脱毛でも、ワキの脱毛に負けないほどの人気を獲得しているのが、VIO脱毛です。
ブラジリアンワックス専門店で、デリケートゾーンのお手入れをする受精も増えていますし、多くの女性が関心の高い脱毛部位になってきました。
今では珍しいことではなくなったVIO脱毛ですが、皮膚が薄くてデリケートなゾーンであるだけに、丁寧な施術をすることが大切です。

 

費用重視で選ぶならエステサロン

エステサロンだけではなく、クリニックで行う医療レーザーでも、VIO脱毛は人気があります。
エステサロンでの脱毛は、広告からもわかるように、掛かる費用がリーズナブルです。
そのため、比較的年齢層としても若い世代から、気軽にデリケートゾーンの脱毛もしやすい傾向にあります。
光脱毛は費用は安いものの、結果を出すのもゆっくりです。

 

脱毛後に毛が再生してしまう可能性あり

医療レーザーの脱毛は、黒い色のメラニン色素に反応させて、毛の生える組織を破壊することで結果へとつなげていきます。
しかしエステサロンでは、完全に破壊することができないので、時間がかかる上に、脱毛後に毛が再生する可能性もあります。
エスタサロンは照射レベルが低いとはいえ、VIOラインの脱毛照射は痛みが強いです。
冷やしながら行っても、痛みはあります。

 

効果を出したいなら医療脱毛

クリニックでの医療脱毛の場合、費用は少し高くなりますが、効果は確実に出していきます。
医療用の機器で脱毛をするため、エステの光脱毛よりも、照射レベルが高いパワーで、脱毛をしていくことができます。
そのため、効果は高いですし、エステサロンでの脱毛よりも、ずっと早くツルツルを目指すことができます。
VIOのゾーンは、毛質としても、濃くて太い毛であるために、レーザーを照射しても反応が良いのも特徴的です。

 

痛みに対してしっかりと対応

レーザー脱毛の場合、デリケートゾーンのお手入れは強いものの、我慢するだけではなく、キチンと対処することができます。
クリニックなどの医療機関であるために、麻酔を使用することができます。
痛みに弱い人などは、デリケートゾーンの脱毛は、痛みが強くて躊躇するかもしれません。

 

しかし、麻酔を使うことで、VIOラインも、痛みの心配をしないで施術を受けることができます。
塗るタイプの麻酔は、施術部位に塗布して時間を置き、感覚が麻痺してきたら照射を行います。
塗る麻酔の場合、時間を置く必要があります。
しかしクリニックによっては、笑気麻酔で対応してくれることもあります。

 

□笑気麻酔について
引用元http://www.sedent.co.jp/category/1169702.html